ななよの日々是好日

2015年4月まではhttp://d.hatena.ne.jp/nanayo743/を御覧ください。

小学校フランス語 2日め

 

毎年夏に来るたびに川のある街って素敵だな、と感じるこの街。

今日は小学校フランス語2日め。

今日の5年生のもう一つのクラスも「好き」をテーマに。絵を描くのが好き、サッカーが好き、船(戦艦)が好きなど、個性が見えて楽しい。とても集中してて進めやすい回だった(^^)

f:id:nanayo743:20190709215138j:plain

3年生は、天気の言い方。晴れ(Il fait beauイルフェボー)寒い(Il fai froid)など班ごとに天気を発表してもらうのだけど、TVの中継インタビューみたいな設定を加えると集中が増す。やっぱり想像力刺激する演劇要素が語学の勉強には有効だと実感。

発表する側よりインタビューチームの方がノリノリになってしまった(笑)

 

 

池上梅園にて

雨の土曜日、大田区の池上梅園に足を運ぶ。

f:id:nanayo743:20190629224828j:image

池上梅園の和室で開催された「わらし庵 0031 Mercury」の公演のお手伝い。

f:id:nanayo743:20190629232115j:image

昨年12月の公演に参加した際の紅葉の庭は、いまや眩い緑。

f:id:nanayo743:20190629224451j:image

季節は巡る。様々な出来事が慌しく過ぎていく日常から離れる。

先輩方の芸に触れると、道のりは遠いと感じる。なかなか出来ない専心した生き方に憧れを感じる。と同時に、まだまだ続けて良いんだよ、続けていきなさい、というエールも受け取った気が。

今日は若手側だったからかな、なんだか生き方を見直したくなってしまった(笑)

f:id:nanayo743:20190629230021j:image

 

電車に揺られて

久々にブログ。

今日はお仕事絡みで金沢文庫の方まで行ってきました。

f:id:nanayo743:20190627173358j:image

初めての横浜シーサイドラインで、観光気分を味わってしまいました(^^)

f:id:nanayo743:20190627173741j:image

与謝野晶子高浜虚子なども訪れたかつての金沢園は、今は旅館、喜多屋として営業しています。日本家屋は風が心地良くて、しばらくぼーっとしたくなりました。

f:id:nanayo743:20190627173456j:image

海の近くは気持ち良いですね。

お仕事でしたが、気分転換できてご褒美のようなひと時でした(^-^)

 

6月!

 

先週末は自撮りオーディション動画作成にアタフタし、周囲の助けを借りましたm(_ _)m

助けてもらう事多いからこちらも何か頼まれた時はお返しするゾ。

f:id:nanayo743:20190603235307j:image

土曜午前は姪の運動会を見学。

日陰もないし、暑くて見てる方も辛い。運動会ってこんなに過酷なのね〜〜(@_@)

肝心の姪は、50メートル走の途中で帽子がとれかけて思わず止まってしまった。

一番で走ってたから、本人のショックと言ったら。しばらく固まり、やがて悔し泣き。言葉のかけようがない。しばらく忘れられない体験として心に残る事でしょうね。これが感情の記憶だな、まさに。演劇的だ。かわいそうと思いながら、心でそんな事を考えてる叔母であった(^_^;)

f:id:nanayo743:20190603122429j:image

疲れ過ぎてしまって観劇は一つ御免なさいして、一休みしつつ次の台本読み。

夜は4月に観劇にきてくれた友人と会合。久々に日本酒を少し嗜む。f:id:nanayo743:20190603123107j:image

リーズナブルなのにお魚美味しい、素敵な店でした。

人と話すと色々発見がある。元気もらった。プライベートも演劇も色々がんばる(^^)

次の本番は8月25日。ビートルズのライブとコラボ、会場はなんと!品川プリンスのステラボールです。

 

8歳の抵抗

暑かったですねー。

昼は緊張改善セミナーの講師。

夕方以降は、子守を頼まれ姪(8歳)と甥(4歳)と夕飯を一緒に。

といっても食事は妹がほぼ用意しており、サラダ作っただけですが(^_^;)

キュウリを包丁で切りたがる姪を、危ないから止めようとした時の発言にドキッ。

「ねぇやらせて!大人が思ってるより、もっとたくさんの事を、あたしたちは出来るんだよ。」

そして帰り際の発言にもドキッ。

「ねぇ、いつかさ、お仕事するのやめて!それでずっと一緒に住もう。」

うー、言葉が出なかったぜ(笑)

気持ちだけで生きられる世界が実現したらどんなにか。

f:id:nanayo743:20190526002502j:image

 

深谷の週末

引き続き埼玉な1日。

今日は車の運転をしてみる。一年近く振りでドキドキ。一緒に乗ってた両親の方が怖かったかと(^^;;

普通には走れるのだけど、駐車は相変わらず苦手です、あと、今なら行ける、の判断が苦手。縄跳びと一緒だ(苦笑)

お昼はお蕎麦を頂き、f:id:nanayo743:20190519232928j:image

庭の花を愛でる。こんなにのんびり寛いだのはいつ以来でしょう。

f:id:nanayo743:20190519233227j:image

父の若い頃の冒険談 を聞く。自伝的な虚構で書けたら面白いだろうな、という場面が色々ある。

  エマソン「自分を信じ抜く100の言葉」 読了。響く言葉が沢山あった。自らの心に耳を傾けて生きれば良い、という強い励まし。

「自信を持って」とただ言われても、時々難しいことがある。そんな時、この本はとても良いヒントが。コミュニケーション講座の生徒さんにも紹介したいと思った。

明日は東京に帰るん。そうなん。(←関東北部の訛り、笑)

緑の季節

今週はセミナー講師の仕事、演劇絡みの講演会、観劇や身体のトレーニングに参加などで、あっという間に終了。

読みたい本や調べたい事が増えていく。特に南米の作家セルヒオ・ブランコさんの「auto fiction自伝的虚構」の講演会で頂いた作家、思想家、哲学者のリストは、とても重要な人ばかりで、誰から攻めようかな(^_^;) 

刺激と気づきの多い環境に感謝です。

f:id:nanayo743:20190518215125j:image

そして約半年ぶりに深谷に帰郷。

緑に囲まれた橋を渡り神社を抜けて。

両親と久々にお喋りして一緒にビール。父は、健康上ほんとは飲んじゃいけないが、今夜はいいんだって。最近、しょっちゅうらしいですけどね(苦笑)81歳だから、もう良いんだって。そう言われると、反対できない娘です。

 

 

 

色、かたち、光、熱、水

今日は「集団だからこそできる演劇・身体WS」に参加してきました。

先日のマイケル・チェーホフ演劇ワークショップの企画者の秋江さんとフランスで演劇をやってた野井さんの企画・進行。

五感をフル活用しながら、身体、感覚を開き、研ぎ澄ましていく。

普段頭に向かう意識を身体に向けていくと、それだけで、生きていく瞬間が尊いものに感じられる。

地球という大地に立ってるわたし。世界には色があり、かたちがあり、光、熱がある。人と人が出会う。見つめる。触れ合う。離れる。水の要素をとりこむ。短歌を使った言葉のやりとり。イメージの中に生き、空間の色合いが変わるのを感じる。

ワークの最後はクリエーション発表でした。同じチームの皆の集中力やエネルギーが高く刺激を受ける。「起こす勇気」「yesでうけとめ、投げ返す」「信頼」などが即興の必須項目なのだな、と再認識。投げるだけもダメ、乗っかるだけもダメ、まさに人生そのものですね(笑)

密度の高い4時間でした。企画の二人にも、参加のメンバーにも感謝。

日常もこれくらい濃く生きられるように。

あとは、いろいろ考え、やります。

f:id:nanayo743:20190512223915j:plain

 

撮影

今日はまさかの夏日でしたね(^O^)

朝から出演する映像作品の撮影でした。

自分の出番は午後には終わって帰宅。久々にくつろぎモード。

演劇だと自分でやるから、久々にメイクさんにメイクして貰った。色々参考にになるわ。

特に眉。f:id:nanayo743:20190511183533j:image

今日は優しい感じに描いてもらいました。

どんな仕上がりになるかワクワクです。

 

何気ない日々にも

マイケル・チェーホフの演劇ワークショップ以来、空間やアトモスフィア、形に気が向くのよ、あたし。

例えばどう、この感じ?(笑)

f:id:nanayo743:20190509232749j:image

こちらは紫の薔薇の横に紅い薔薇のあるお家。f:id:nanayo743:20190509233051j:image

よく見ると全部で4色の薔薇に囲まれている。このお宅の人は、アトモスフィア的に落ち着かない気分にならないのかな、と素朴な疑問が、(余計なお世話でスミマセン(笑))

ともあれ日常の生活も発見が増えて楽しく、良い影響が続いています。

その分舞台観る時に、そこを感じられないと、非常に残念な気分になってしまう。

それと会場自体の空気が心地よく思えない時は、内容が面白くても、微妙な感覚。

やっぱり身体の反応こそ正直かな、と再認識。

魅力的な空間に関わりたいし、そこに生息したいですね。今関わってる映像作品には、それが感じられて、とても楽しみなのです。

あとは、落ち着いたらお部屋を模様替えしよう(^^)